自転車保険とは?

自転車保険とは?

車に運転するならば保険に加入しなくてはいけないという事は、結構皆さんご存知だと思います。自動車保険に関しては自動車を購入する時点で加入を求められますし、自動車とは無縁な人でも、事故の危険性を知っている限り保険の存在は想像に難くないでしょう。

 

では自転車に関してはどうでしょうか?自転車に乗る人は全国に大勢いますが、その中で自転車保険の存在について考えた事のある方はほとんどいないのではないでしょうか。というのも、自転車を購入する際には保険に関して言及される事がないからです。この時点で、自転車と保険は全く関係がない判断してしまうのも無理はないでしょう。

 

しかしそれは間違いです。自転車にも保険はあるのです。それも自動車保険とあまり変わらない、きちんとした保険です。ではどうして保険を勧められないかというと、義務ではないからというだけではありません。

 

それはただ単に加入者が少ないからです。自転車は自動車と異なり、相手に対して大怪我をさせたり、とても高額な弁償金を支払うという可能性がほとんどありません。保険は自分が怪我した場合よりも、怪我をさせたり損害を与えた場合を想定して加入することが多いので、自転車保険にはあまり意義を見出せない、という人が多く、結果的に加入を進める動きもない、というのが現状です。

 

しかし、一言で自転車と言っても、その全てが一般的な自転車とは限りません。電動自転車やロードバイクも自転車の分類に含まれています。そしてこれらの乗り物は、事故を起こして相手に大怪我をさせたり、自分が大怪我をするリスクが非常に高いのです。これらの乗り物を利用する人は、保険についてきちんと検討しておきましょう。