自転車保険の対象

自転車保険の対象

自転車に乗っている人はたくさんいますが、自転車保険の存在をがある事を知っている人はあまり多くないかと思います。自転車と保険というのは、自動車のように密接な関係にあるとはいえず加入義務もないので、知識として頭に入ってくる機会がないので仕方のない事です。しかしながら、近年では自転車に関する事故が増加している事、電動自転車やロードバイクが人気を高めてきた事から、自転車保険が見直されています。ここではその自転車の保険についてご説明します。

 

まず、原則的に自転車保険は強制ではありません。自動車の場合は自賠責保険への加入義務がありますが、自転車にはそのような保険はありません。したがって、加入する保険は全て任意という事になります。その中で、加入できる保険は傷害保険と個人賠償責任保険です。傷害保険は自分の怪我に対する補償で、それに対し個人賠償責任保険は、相手に怪我を負わせたり損害を与えた場合に対する補償です。

 

現在では、自動車で言う車両保険のような、自転車が事故によって故障した場合の保険というのはあまり取り扱いがありません。自転車は中には高価な物もありますが大半が安価で、1万円を切るような値段の物も多いので、保険を掛ける意味があまりないからです。また、頻繁に盗難もあるので、保険としての旨みがあまりないというのも一つの理由として挙げられるでしょう。

 

総括しますと、自転車の保険は事故件数の多さからその被害は多いものの、自転車自体は価格が安価なため、保険の対象となるのは人体や、自転車によって傷つけられる財産に特化する、という事です。