自転車保険の中身

自転車保険の中身

自転車保険は、傷害保険と個人賠償責任保険があります。傷害保険は自分が負傷した場合、個人賠償責任保険は他に被害を与えた場合に各々補償する保険です。基本的にこの二つはセットになっています。事故というのは自分が怪我をすると同時に、相手にも損害を与えたる確率が非常に高いので、個別での加入というのはまず考えられないので当然でしょう。

 

ただこの場合は、例えば自転車に乗らずに押している状態の時に誤って衝突した場合には、保険金が支払われないので注意が必要です。実際にお年寄りの方にぶつかった場合、自転車に乗っていなくても大怪我をさせてしまう事はあります。

 

自転車保険は傷害保険と個人賠償責任保険のセットとなっていますが、個人賠償責任保険は単体での加入ができるようになっています。この場合は自転車保険ではなく、個人賠償責任保険として加入するようになりますが、自転車保険よりカバーできる範囲が広くなります。また、様々な特約を付ける事もできますが、その場合はかなり高額な保険金を設定する事になります。

 

基本的に自転車による事故は、自動車に比べると重大な傷を負ったり負わせたりする可能性はかなり低いと言えます。したがって保険金に関しても、やはりそこまで大きな額にはならないので、あまり加入する意味がないというのが通常の考えでしょう。

 

しかしそれはあくまでも自転車の場合です。電動自転車やロードバイクとなれば、原付と同じような速度を出す事もあり、そうなれば必然的に事故の程度も大きくなります。保険内容に関しては、できるだけ詳細に学んでおきましょう。