自転車保険の保険料

自転車保険の保険料

自動車や原動機付二輪車と比較して自転車は、事故の規模がかなり小さいというケースが多いので、一つの事故あたりの必要金額は必然的に少なくなります。それは保険に関しても同様のことが言え、自転車保険の保険料は意外とお手頃な価格で設定されています。相場としては、年間で2,000〜3,000円程なので、家族で加入したとしても、せいぜいこの倍くらいでしょう。

 

2年、3年と契約年数が増すごとに一年分の契約料は更に安くなり、およそ2〜30%はお得です。したがって、自転車保険の保険料はかなり安い、という事です。では、支払われる保険金額もかなり安いなのかというと、実はそうでもありません。

 

もちろん会社やプランごとに保険料も支払保険金額も違いはありますが、おおよその相場では、上記ぐらいの保険料であれば、通院で1,000〜2,000円/日、入院で1,500〜3,000円/日、後遺障害が残るような重傷や死亡の場合は500万〜3000万程度は支払われます。これは自動車保険と比較したら控えめではありますが、決して少なくはありません。保険料の負担を考慮した場合、十分な額と言えるでしょう。

 

仮にこれより更に高額な保険金額が必要ならば、特約付きの傷害保険がオススメです。それほど大きな負担でなくても、最大で1億円ほどの保険金額が支払われるコースもあります。他人に重傷や命に関わる大きな事故を引き起こす可能性がある電動自転車などに乗る場合は、通常の自転車保険では頼りないかもしれませんので、このような保険を利用した方が良いかもしれません。保険料が安い方もしくは保険金額が高い方を選ぶかは、自分の判断次第です。リスク管理はしっかりと備えておきましょう。