自転車の個人賠償責任保険

自転車の個人賠償責任保険

自転車保険は、ほとんどが傷害保険と個人賠償責任保険のセットとなっています。しかしこの自転車保険の難点としては、その適応範囲があまり広いとはいえないところです。そこで有効なのが、個人賠償責任保険単体での加入です。自転車保険に入るのではなく、個人賠償責任保険で加入した場合、自転車保険では保険金が支払われない、もしくは自転車とは無関係なケースにおいても保険金が下りるという場合がいくつかあります。

 

例えば飼い犬を散歩させている時に、その犬が他人に噛み付いてしまいケガを負わせてしまった場合でも、保険金が下りるようになっています。また買い物の途中で、誤って陳列している商品を壊してしまった場合にも補填が可能です。自動車の試乗中に傷つけてしまった場合などにはかなり有効です。

 

他にも良くあるパターンとしては、マンションやアパートに住んでいて、お風呂や台所の排水溝が詰まって水漏れを起こし、下の階に損害を与えた場合などにも、保険金の対象となります。これらは自転車とは関係のない事故ですが、個人賠償責任保険の補償範囲になります。つまり、個人賠償責任保険は自転車だけに関する保険ではなく、個人賠償責任保険全体の補償に自転車に関する損害が含まれるという事です。

 

これによって、自転車だけの保険では割高感が大きいと感じてしまう人でも、納得して加入する事ができるのではないでしょうか。保険料も控えめなので気軽に加入する事ができます。自転車での事故だけでなく、日常の様々な損害に対する補償も欲しいという方にとって最適な保険と言えるでしょう。