自転車の盗難保険

自転車の盗難保険

自転車に乗る際に最も損害の確率が高いのは事故ではありません。実は盗難です。自動車とは違い、施錠せずに放置する人が多い上に軽量なので、例え施錠していても簡単に運ばれてしまい、盗難被害の数は自動車の比ではありません。そのような背景から、自転車の保険では盗難保険の需要がかなり高いようです。ただその割には、現状では自転車の盗難保険はあまり充実していません。あまりにも盗難件数が多いため、保険会社が補償しきれないというのが最大の理由のようです。

 

メーカーによっては盗難補償を備えているところもありますが、全て補填される訳ではなく、購入代金の割合により新車が購入ができる、という種類の補償が一般的です。更には、中途加入ができなかったり、購入から暫く経つと保険が消えてしまったり、パーツ単体の破損は対象外であったりと、あまり融通の利くものではないというのが現状です。

 

そこで、利用したいのが火災保険の盗難補償です。火災保険には家財の盗難補償が付いているのですが、これは自転車の盗難補償も含まれる場合があります。住宅を購入している人は火災保険に強制的に加入しなければならないので、マイホームを持っている家庭では必然的に自転車の盗難に関する補償もついている、という事になります。

 

自転車の盗難被害にあってしまった場合は、自分、あるいは家族の加入している保険を再度見直してみて、自転車盗難の補償ができるかどうか調べてみましょう。