自転車健康保険組合

自転車健康保険組合

自転車に乗っている人が有効な保険を選ぼうとした場合、最も一般的な方法は自転車保険に加入することだと思いますが、それ以外にも健康保険組合に加入するという方法もあります。健康保険組合とは、保険給付事業と保険事業を行う組合のことで、主に健康保険を扱います。

 

日本には自転車に関する健康保険組合が存在し、有名なのは大阪自転車健康保険組合です。大阪自転車健康保険組合、通称大阪自転車けんぽは、いろんな病気や怪我に対しての予防策を提供しています。そして病気や怪我に対し給付が与えられ、更には出産や死亡に関しても、やはり給付が与えられます。つまりは健康保険です。

 

自転車とこの健康保険がどう結びつくのかをご説明します。自転車に乗るという事は身体が資本であるということです。車とは違って自転車に乗る場合は、それなりに体力が必要になります。これは電動自転車においてもフルアシストでない限り、やはり自力で漕ぐ訳ですから例外ではありません。

 

その自転車に乗るにあたり健康面で何か問題があれば、それは大きな障害となります。自転車に乗る体力を維持する為にも、自転車に乗る上で健康保険組合へ加入することは有効な手段と言えるでしょう。逆に、自転車に乗っている事が原因で怪我や病気になるという危険も出てきます。特にお年寄りに関してはそうでしょう。自転車そのものに保険を掛けるのではなく、自分自身に保険をかけておくことが必要になってくるのです。健やかな身体でいくつになっても自転車で移動できるようにしたいものです。