損保ジャパンの自転車保険

損保ジャパンの自転車保険

損保ジャパンは、かつての日産火災海上保険と安田火災海上保険が合併して誕生した保険会社です。損保ジャパンの自転車保険は、自転車総合保険というそのままの名称です。基本的には家族型になりますので、一人が加入すれば自分とその配偶者、同居の親族、別居の未婚の子供が被保険者という事になります。

 

自転車総合保険なので、傷害保険と賠償責任保険の2つがセットという事になります。傷害事故に関しては、国内における自転車搭乗中の偶発的かつ突然の事故、搭乗していない時に自転車から接触、衝突された事による事故が、保険金支払い事項に当てはまります。したがって故意の事故、飲酒などの心神陶酔状態での事故は含まれず、この辺りは通常の自転車保険の該当例の通りです。

 

賠償責任保険においては、誤って搭乗中に他人をはねてしまう、他人の私財を壊してしまうなどの事故を起こした場合に、保険金がおります。保険期間は1年と3年の2つのパターンから選択でき、保険料はそれぞれ3種類あります。1年型は3,480円、5,790円、8,560円の3つから、3年型は8,810円、14,690円、21,710円のうちからそれぞれ選択する事になります。その金額に応じて支払われる保険金も異なります。

 

保険金は、死亡・後遺障害、入院、通院、賠償責任に応じて各々支払われます。契約者本人とその配偶者は全て同じ金額なのに対し、その他の親族に関しては支払われる金額が減少します。ただし、入院保険と賠償責任は保険料、該当者に関わらず同額なので、これらを重視する人は保険料を抑えたプランを、死亡や後遺障害に対しての補償を厚くしたい人は保険料を高めに設定したプランを選択するのが良いでしょう。これが損保ジャパンの自転車保険の大きな特徴です。