日本興亜損保の自転車保険

日本興亜損保の自転車保険

最近では、自転車保険を単体で扱う会社がかなり減少しています。というのも、自転車に特化した保険は大きな事故につながらない事があって保険料を低めに設定せざるを得ず、その割には事故件数は相当多いので、単体では扱いが難しい保険だからです。したがって、以前は自転車保険を扱っていた会社がある時期にそのプランを廃止し、自動車保険や火災保険のオプションとして扱うというような流れができました。

 

その流れに乗った会社の一つが日本興亜損保です。日本興亜損保は、かつては自転車総合保険を扱っていましたが、2005年の10月にその保険販売を終了しました。しかしその代わりに、自社の自動車保険「クルマックス」に自転車事故の補償をプラスしています。

 

ただ、この日本興亜損保は他とは違って、特約として自転車保険を加えるという形ではなく、自動車保険の基本補償の一つとして取り入れています。したがって、特約を付けるという事はないため、保険料は自動車保険の初期設定のままで自転車保険にも加入できるという事になります。

 

車には乗らず自転車にのみ乗るという人にとっては、入り難いお保険というイメージもあるでしょう。しかし家族全員に適用されるので、例えば父親が加入していればその子供にも保険金が下り、自動的に自転車保険に入っているという事になるので、かえって加入しやすいと言えるかもしれません。

 

なお保険料は、使用目的や免許証の色、年齢などによって異なりますので、一定ではありません。詳細については会社に見積もりを請求して確認してください。