東京海上日動の自転車保険

東京海上日動の自転車保険

東京海上日動火災保険株式会社は、2004年に日動火災海上保険と東京海上火災保険が合併して誕生した損害保険会社です。この東京海上日動では、以前は自転車の総合保険を取り扱っていました。個人型と家族型があり、契約期間も1、2、3年と3つのタイプが用意されていて自由度が高く、団体割引もあって比較的加入しやすい保険でしたが、現在では廃止されてしまったため加入する事ができません。

 

その代わり自動車保険の特約の一つで、日常生活賠償責任補償特約というものができました。これは自転車搭乗中に人に衝突してしまったり私財を壊してしまうなど、他人に損害を与えてしまった時に、その賠償責任を補償するというものです。また、賠償事故解決に関する特約というものもあり、これを付帯することにより、本人に代わって東京海上日動が示談交渉を行ってくれるサービスを受けることができます。

 

このような特約のメリットは自転車に関する事故だけでなく、日常のなかの様々な損害に関しての補償がなされる点にあります。自転車に限定される保険というのは、自転車にあまり乗らない人にとっては少し躊躇してしまうものですが、このような特約であれば加入しやすいという人も多いでしょう。

 

しかし自動車保険に加入することが必須ですので、もし家族の中に自動車に乗る人がいない場合は、加入は難しくなってきます。父親が車に乗る家庭が多いとはいえ、必ずしもそうとは限りませんので、自転車に特化した保険はできる限りあって欲しいものです。