スポーツ安全保険の自転車保険

スポーツ安全保険の自転車保険

自転車の用途は個人で乗ることが多い乗り物ですが、中には自転車を通して様々な活動を行うサークルなどがあります。例えば、自転車が好きな人同士が集まって、そのメンバーでサイクリングを楽しんだり競走したりなど、複数の人たちと一緒に自転車に乗って楽しむ事を目的としたクラブです。

 

そのような団体向けの自転車保険というものもあります。それはスポーツ安全協会という団体が扱っている「スポーツ安全保険」というものです。このスポーツ安全保険はA〜Dに種別されており、自転車はC区分が当てはまります。

 

申し込むには、原則的に5名以上集まれなければならず、それ以下の人数では加入する事ができません。また補償範囲は団体で行う行事における活動のみで、普段個人で乗っている分は適応されません。したがって、普段自転車に乗る機会が多い人にはあまり向いていないようです。逆に言えば、日常生活においてあまり自転車には乗らず、クラブ活動の時に乗る比率が高いという人には適した保険と言えます。

 

保険料は年間1,400円と非常にお手ごろです。これで死亡保険金は2,000万円、後遺障害保険金は最大で3,000万円、入院保険金は4,000円/日、通院保険金は1,500円/、そして身体賠償が一人当たり1億円、もしくは事故のたびに5億円、財物賠償が500万円というプランになります。年間の保険料の割に、入院保険金と賠償責任が相当高めに設定されている所がポイントです。