自転車の事故と責任

自転車の事故と責任

自転車に搭乗中、交通事故を起こす確率は決して低くはありません。近年では自転車の事故がかなり増加しており、社会的に見ても大きな深刻な問題といえます。特に電動自転車などの原付とあまり変わらない自転車に関しては事故の規模も大きくなり、最悪の場合命を落としてしまうケースも多々見受けられます。

 

自転車の事故は、自転車と人、または自転車同士で起きるケースはあまり多くありません。自転車による事故の多くは、自動車との接触や激突が大きな割合を占めます。それは電動自転車でも同様で、人をはねる事による負傷の程度は大きくなりますが、事故の件数そのものは自動車との接触等が最も多いようです。

 

自転車が自動車と交通事故を起こしてしまった場合、その責任の多くは自動車側にあるとされています。自動車は相手を死に追いやる可能性が高い事もあり、大きな責任を課せられているからです。しかし状況によっては、自転車側に大きな責任が背負わされるケースもあります。

 

例えば飲酒運転をしている場合です。自転車であっても飲酒運転は法律で禁止されています。この場合では自転車の過失が大きいとみなされ、責任を負わされてしまうでしょう。また、夜間のライト点も義務付けられているので、これを怠っていても同じく過失が大きいとみなされるでしょう。

 

他にも自転車側に過失があると判断される原因としては、二人乗りや傘をさしながら、携帯で話しながらの「ながら運転」、スピードの出し過ぎなどが該当します。このような場合、自転車保険や個人賠償責任保険に加入していれば、過失の割合に応じた保険金が下りてきます。

 

怪我や損害の程度によっては、結構大きな額が必要となります。その補償がないとその後の生活に深刻な影響を与えてしまうので、保険はとても重要となります。特に電動自転車などに関しては、スピードが出しやすい分交通事故の確率が高いと思われますので、保険の重要性をしっかりと認識しておきましょう。