自転車保険が下りないケース

自転車保険が下りないケース

自転車保険は、必ずしも保険金が支払われるという補償はありません。自動車保険と同様に、被保険者に重大な過失がある場合には、保険金が下りないケースがあります。例えば、飲酒による泥酔状態や麻薬などで心神喪失状態になっている場合は、本人に致命的な過失があるということで、保険金を受け取る事はできません。

 

また、保険金目的で故意に事故を起こしたとみなされた場合も、同じく保険金は下りません。それ以外にも業務上での事故や日本国外での事故、ケンカなどによる事故や銃器による事故も保険金の対象とはなりません。更に自動車など原動機が付いている乗り物による事故で、その結果積んでいた自転車が損壊した場合なども、保険金の対象外となります。

 

更に、同居している親族に対して事故を起こした場合も保険金が支払われません。これは故意に起こした可能性を否定できないのと、身内同士のモラルハザードのリスクが高くなる事を憂慮しての事です。そして、他人からの預かり物での事故や自然災害による事故に関しても、対象外となっています。

 

自動車保険と比べると、自転車保険は保険金が支払われないケースが多いです。その理由は、運転免許のような物がないため事故の発生する確率が非常に高く、おのずとハードルが上がってしまうからと思われます。保険金が下りるかどうかの基準は、会社によって若干異なると思いますので、あらかじめ加入した会社に問い合わせておきましょう。