子供の自転車保険の加入

子供の自転車保険の加入

子供が自転車に乗る場合、接触事故を起こす確率は相当高いと言えます。まだ視野が狭いうえに注意力や判断力も乏しく、身体的な能力も未発達なので、事故を避ける能力が備わっていないからです。子供が自転車で起こす事故で最も多いのは、やはり自動車との接触でしょう。それ以外にも駐車中の車にぶつかって、傷を付けてしまう事もよくあることだと思います。特にミラーに接触するという事故がかなり多いようです。

 

また、スピードを出しすぎて通行人と衝突し怪我を負わせてしまうと事も良くあります。特に坂道では子供は興奮しやすくなり、本来ブレーキを踏むべきところで踏まず、その勢いをコントロールできずに人とぶつかったり転倒したりというケースが多いです。

 

その他にも、縁石などの障害物が原因で転んでしまい負傷するという事もあります。転倒する際、メガネやコンタクトをしている子供はリスクが高く、最悪のケースでは目に傷を追ってしまう事だってありえます。

 

そういった子供を守るのが親の役目です。ただ、子供は親の目の届かない場所で問題を起こすものなので、ずっとそれを監視している訳にも行きません。したがって保険を掛けておいて、治療や迷惑などの事後処理に関しては親が全ての責任を受け持つというのがせめてもの行いであり、それが親としての責任かと思います。子供を自転車保険、あるいは特約付きの傷害保険に加入させて、万が一の場合に備えるというのは、親として子供を守る数少ない手段の一つと言えるでしょう。