高校生の自転車保険の加入

高校生の自転車保険の加入

自転車の事故は、一般的に子供やお年寄りに発生する確率は高いと言われています。それは判断力に乏しく注意力が散漫で、まだ身体的にも発達していない子供や、筋力が衰えそれでも昔のままのイメージを自分に持っているご老人は、車道へフラつく頻度が高く、車と接触する機会がどうしても増えてしまうからです。ではそれ以外の年齢層の人間は、そうそう事故を起こさないのでしょうか?答えはNOです。中高生、特に高校生の自転車事故は、相当な割合で発生しています。

 

どうして高校生の自転車事故が多いのかというと、速度を出しすぎるからです。高校生の頃は、受験や部活で最も悩む年代です。ストレスも溜まり、精神的に不安定な状況にある学生が多くの割合を占めるでしょう。そんな彼らが自転車に乗る場合、速度を出してそのストレスを発散させようとするのは自然な行為と言わざるを得ません。しかしそれが結果的に事故に繋がるのです。

 

ここで悪い事は、自分が怪我するだけでなく、お年寄りや子供を自転車で撥ねてしまうというケースも多いのです。スピードを出すという事は、激突した相手に大怪我をさせる確率が高まる事です。それが電動自転車やロードバイクなら尚更でしょう。したがって、高校生であっても自転車保険に入る事をお勧めします。中には高校生向けの総合保険というものもあります。これは自転車に特化している訳ではなく、個人賠償責任を中心にした保険なので、広範囲での補償がされるのです。是非検討してみてください。