原動付自転車と自転車の違い

原動付自転車と自転車の違い

原動機付自転車と自転車には、大きな差があります。それは保険加入義務の有無です。原動機付自転車は、自動車と同じように自賠責保険への加入義務がありますが、自転車にはその義務はありません。電動自転車の購入を考えている人には、ここで疑問に思う事があるかと思います。果たして電動自転車はどっちの部類に入るのか、という事です。

 

電動自転車には二つのタイプがあります。一つは通常の電動アシスト自転車、もう一つはフルアシストタイプの電動自転車です。前者の電動自転車は、法律上自転車としてみなされるので保険加入の義務はありませんが、しかしフルアシストタイプの電動自転車はどうでしょうか?

 

自走機能があり、人力より強い動力で動く乗り物は、法律上では原動機付きとみなされます。したがって、この場合は自賠責保険の加入義務が発生します。通常の電動自転車は電力が人力を超えないように制御されているので、原動機付とはみなされないのです。

 

電動自転車を購入する場合は、その自転車がフルアシストなのかそうではないのかをきちんと確認しなくてはなりません。フルアシスト電動自転車で公道を走るには、保険の加入のみならず、免許の所持や公道を走る許可が必要だからです。

 

一般的な自転車と同じように乗りたい人は、フルアシストタイプではなく通常の電動自転車を購入するようにしましょう。普通の自転車と同じ感覚でフルアシストタイプの電動自転車に乗っていては、つかまってしまう可能性すらあるのです。