原動付自転車の保険料と自転車の保険料

原動付自転車の保険料と自転車の保険料

原動機付自転車は、保険に加入する義務があります。その義務に該当する保険が自賠責保険です。では自賠責保険にはどれくらいの保険料が必要となるのでしょうか?原動機付き自転車の大きさによっても違いますが、基本的には契約期間が1年の場合は7,940円、2年で10,630円、3年で12,650円、4年で15,100円、5年で17,510円となっていますので、軽自動車の約1/2、普通自動車の1/3相当と考えて良いかと思います。それでもやはり結構な金額になります。

 

任意保険に加入した場合は、当然その分の保険料が追加されます。任意保険の保険料は、会社や選ぶプランによって大きく異なります。対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、各特約、最大支払金額、支払期間など、自賠責保険と比べるとかなり補償範囲が広がりますが、その分保険料は高くなります。

 

これに対し、自転車の保険料はどのぐらいかというと、自転車総合保険の相場が年間およそ2〜3,000円くらいです。原動機付自転車と比べると、かなり安い事がおわかりになるかと思います。個人賠償責任保険もほぼ同じ程度の金額ですので、個人賠償責任保険単体での加入を検討している場合でも、負担が増えることはまずないでしょう。

 

電動自転車など、一般的な自転車と比べて事故の可能性が高い自転車については、保険加入希望者がかなり多いようです。原付と比べると保険料がだいぶ安い事もあり、気軽に加入しやすいという事も、加入者が増加する要因となっているのでしょう。