電動自転車で起こり得る事故

電動自転車で起こり得る事故

自転車保険に加入する事に抵抗があるという人は、自転車を運転するのに重大な事故を起こしてしまう事などまずあり得ない、とタカを括っているかと思います。特に頻繁に自転車に乗る人は、自分の運転に自信があるので保険の必要性を感じていないのではないでしょうか。確かに自転車で起こす事故の場合、その大半は車との接触事故で、それは相手に対して大きな損害を与えるものではありません。したがって保険に入る必要性としては、それ程高くないという意見も確かにあります。しかしそれが電動自転車となると、まるで話は違ってきます。

 

電動自転車は自分でこぐ力をほとんど使わず、結構なスピードが出せます。24km/hを超えるとアシストがなくなるので、これ以上のスピードはそうそう出せませんが、24km/hまでならかなり楽に速度が出るという事になります。ましてやフルアシストタイプの場合は、全く漕がなくても相当なスピードが出ます。許可を取れば公道でも走れるので、原付とほとんど変わりません。

 

このような電動自転車では、人に衝突してしまうと大怪我をさせてしまう確率はかなり高くなります。特に電動自転車はお年寄りの方が乗る場合が多く、大半の方は運動神経がやや衰えているので、昔のイメージ通りに身体が動かず、事故を起こしてしまう事は十分にあり得るのです。また最近では、自転車同士の事故も増えているようです。かなりスピードを出している状態で自転車同士がぶつかった場合、相当大きな事故になってしまいます。

 

このように対人、自転車同士の事故の危険もあるとなると、やはり保険の重要性や必要性は大変高まってきます。更に電動自転車は高額なので、電動自転車同士の事故の場合は相当な補償をしなくてはならない事になるでしょう。電動自転車に乗る人は、是非自転車保険への加入を行いましょう。それが自分を守る事になります。