電動自転車とフルアシスト電動自転車の違い

電動自転車とフルアシスト電動自転車の違い

電動自転車の購入を検討している人にとって、どのような自転車を購入するかというのは大変大きな問題です。というのも、電動自転車はその種類によって様々な違いがあるからです。電動自転車には、一般的なアシストタイプと、フルアシストタイプがあります。通常のタイプの場合は、普通の自転車と変わらない扱いで構わないので、保険加入の義務もありませんし、装備品も特に必要はありません。

 

それに対してフルアシストタイプの電動自転車の場合は、制限がたくさんあります。まず、基本的には原動機付き自転車と同じ扱いとなりますので、原付以上の運転免許の取得、自賠責保険への加入が義務付けられます。

 

更に市町村役場への登録をする必要があります。これは原付ではナンバープレートの習得に該当します。市町村役場に印鑑と社名、車体番号を用意して行かなければなりません。また、メーカーからの仕様保証書がある場合は、それを市町村役場に持っていけば登録できます。ただし印鑑は必ず持って行きましょう。

 

この他にも、ヘルメットの着用が義務付けられています。フルアシストタイプの電動自転車は、原付の制限速度である30kmまでスピードが出る物もあるので、スピードを出す機会はかなりあるでしょう。したがって、頭部の確実に防御しなければなりませんので必須なのです。保険に関しても自動車保険のカテゴリーになり、自転車保険には加入できないので注意が必要です。以上の事をよく理解して、どちらのタイプの電動自転車を購入するか考慮するようにしましょう。