自転車保険関連ニュース

自転車保険関連ニュース

チューリッヒの自転車保険

チューリッヒの自転車保険(http://www.zurich.co.jp/direct/auto/index.html)は、コマーシャルなどでもお馴染みですよね。チューリッヒ保険のスーパー自動車保険には充実したサポート体制を持つという特徴があります。サポート体制とは、ロードアシスタンスはもちろんですが、緊急な場合にホテル代やタクシー代、レンタカー・車両搬送などのサービスも充実していることです。そし...

続きを読む
三井住友火災海上自動車保険の「MOST」

三井住友火災海上という保険会社は日本のなかでも結構有名な保険会社の一つですよね。いまでは単独で自転車保険は取り扱ってはいないようです。以前は三井住友火災海上では、自転車総合保険を取り扱っていたようですが2004年の10月から廃止になったそうです。そうすると自転車保険が三井住友火災海上では入れないと思われるかもしれませんが実は三井住友火災海上のなかでも有名な保険である自動車保険の「MOST」に、自転...

続きを読む
あいおい損害保険

あいおい損害保険株式会社は、千代田火災海上保険株式会社と大東京火災海上保険株式会社が合併して2001年にうまれた損害保険会社で、あいおい損害保険株式会社では、個人賠償責任保険という保険も取り扱っています。 あいおい損害保険株式会社の個人賠償責任保険に加入すると自転車に関する事故などからたとえば相手を傷つけてしまったような場合に、その賠償責任を補填することが可能です。自転車に乗っていてスピードを出し...

続きを読む
損保ジャパンの自転車総合保険

損保ジャパンにも自転車総合保険という保険があります。それは自転車事故による傷害や自転車による賠償事故まで補償してくれる保険なのです。自転車の事故というものはとても増えており、たとえば自転車にのっているときに車にはねられてしまい怪我をおってしまうこともあります。また自転車を運転しているときに通行人にあやまって大怪我させてしまうこともあります。この保険は万が一にそなえて設計されているワイドな保険といえ...

続きを読む
東京海上日動で自転車保険にあたる保険

最近の東京海上日動で自転車保険にあたる保険は、生損保一体型保険(超保険)となっています。この正損保一体型の保険は今ある商品単位の保険とは違ってユーザーに必要な保障(補償)を1つにまとめたものとなっています。そのため、この生損保一体型保険では自動車や住まいや家財、携行品の損害mケガや病気などに関する補償を1つにまとめてカバーしており最大の特徴といえるでしょう。その中でも自転車による事故なども補償され...

続きを読む
あいおい損保の個人賠償責任保険

あいおい損害保険株式会社は2001年に千代田火災海上保険株式会社と大東京火災海上保険株式会社が合併して誕生した損保会社です。あいおい損害では個人賠償責任保険も取り扱っています。個人賠償責任保険に加入すれば自転車に関する事故などで誤って相手を傷をつけてしまった場合などに賠償責任を補填してくれるというものです。たおえば自転車にのっていてお年寄りの方とぶつかってしまうというような事故がおきないともかぎり...

続きを読む
自転車保険の検証

最近では自転車による事故が多発しているみたいですね。警察庁の統計によると自転車が関係している交通事故が増加する傾向にあって自転車を乗用しているときの死傷者数は平成17年度の場合、18万5532人で(1.34倍)、自転車と歩行者の交通事故は平成17年で2256件(4.58倍)となったそうです。自転車事故による死亡事故も実は他人事ではなくなってきているのです。自転車事故ときくと自動車との交通事故を考え...

続きを読む
自転車保険の重要性

自転車を愛用しているかたもおおいと思います。そして自転車に乗るだけだからわざわざ自転車保険に入らなくてもいいのではと思っているかたもいるかもしれません。けれども万が一、事故などにあってしまったときには保険の存在が大きいものとなってきます。自転車保険というものがありますが、自転車保険は盗難や事故などの補償をカバーしてくれるといった保険なのです。たとえば自転車で走行しているときに一時停止をしている車に...

続きを読む
自転車保険の対象とは

自転車に通勤や通学、買い物などで毎日乗っているという人はたくさんいますよね。でも自転車にも保険がある、という事を知っている人はあまり多くはないかもしれませんね。自転車と保険の関係ですが自動車と保険のように密接な関係のイメージがないですし自転車保険に加入する義務もありません。どうしても知識として頭に入ってくる機会がないためそれは仕方がないことかも知れません。けれども最近では自転車に関する事故が増えて...

続きを読む
自転車保険の必要性

バイク保険は、自動車保険と比べてみると案外、普及が進んでいないようですね。それを下回る普及率な保険といえば、そうです。自転車保険なのです。自転車事故によって亡くなっている人もいますので、もっと自転車保険の必要性を認識しないといけません。自転車保険は、自転車での事故の際に必要となる保険なのですが、自転車での事故に保険をかけるのは大げさだという人もいるかもしれませんよね。けれども自転車の事故も用途によ...

続きを読む
自転車と原動機つき自転車の違い

自転車と原動付自転車の違いですが、どのようなものがあるのかご存知ですか?原動機付き自転車と自転車には、大きな違いがあります。それは、保険加入義務の有無ということです。原動機付き自転車は自動車同様、自賠責保険に加入する義務があるのですが、自転車にはその義務というものはありません。たとえば電動自転車の購入を検討している人は、疑問に思う事があるかもしれません。それは電動自転車の場合は、果たしてどちらの部...

続きを読む
自転車の保険と原動機付自転車の保険

原動機付き自転車の場合は、原則として保険に加入しなければなりませんが加入義務のある保険は、自賠責保険となっています。この自賠責保険とは、正式名称を自動車損害賠償責任保険とよばれており自動車保険の一種です。自賠責保険は損害保険で、交通事故が発生した場合に被害者に対しての入院費や弁償費、慰謝料などの支払いに対する補償を行うことができます。つまり、自分の損害ではなくて相手の損害に対しての保険となっていま...

続きを読む
ロードバイクと自転車保険

ロードバイクに保険は必要なのかと疑問に持つかたもいるとおもいます。自転車には、普通の自転車以外にもさまざまな種類の自転車があります。電動自転車やマウンテンバイクなどがそういったものに当てはまります。そして、その中でも特にスピードに特化している自転車がロードバイクと呼ばれるものです。ロードバイクとは、高速走行が可能な自転車で主にレースで使われるタイプのものです。競輪選手が乗っている自転車などがロード...

続きを読む
自転車保険その中身とは?

自転車保険の場合、大きく分けると傷害保険と個人賠償責任保険があります。傷害保険は自分が負傷したときなどに利用できます。個人賠償責任保険は相手に被害を与えた場合に補償するための保険になります。このような保険は、基本的にはセットになっています。事故にあうと自分も怪我を負う可能性もありますし、それと同時に相手にも怪我をさせたり損害を与えたりする可能性も高いため個別での加入というのはまずは考えられないよう...

続きを読む
自転車の個人賠償責任保険

自転車保険の場合、たいてい傷害保険と個人賠償責任保険がセットになっているとおもいます。ただ、この自転車保険というのは、フォローできる範囲があまり広いとはいえないのが現状なのです。そこで、おすすめしたいものがあります。それは「個人賠償責任保険」単体で加入するということです。自転車保険に加入するのではなくて個人賠償責任保険で加入した場合にあ、自転車保険では保険金が下りないケースや自転車とは関係ないケー...

続きを読む
自転車で遭遇する事故と責任について

自転車に乗っているともいかしたら事故に遭遇することもあるかもしれません。自転車に乗っていて、交通事故を起こしてしまう可能性は決して低くはないのです。最近では自転車の事故がかなり増えて来ているそうです。これは社会的に見てもかなり深刻な問題になっているようです。特に、電動自転車などの原動機付自転車とあまり変わらない自転車の場合は、その交通事故の規模も大きくなってしまいますし、場合によっては命を落として...

続きを読む
電動自転車と自転車保険

電動自転車に乗っているかたも最近では多いのではないでしょうか。しかし、電動自転車にのっていて起こり得る事故などもあるため注意したほうがよいでしょう。たとえば自転車の保険に入るのに少し抵抗があるという人もいますよね。そういった場合、自転車を運転するときに深刻な事故を起こしてしまうことなどほとんどありえないという感覚を持っているからだとおもいます。特に頻繁に自転車に乗るというかたは、自分の運転に自信が...

続きを読む
自転車保険の保険金が下りないケース

自転車保険の保険金が下りない場合もあるとおもいます。これは自転車の保険の場合は、どのような場合にも保険金が下りるという補償はありません、ということなのです。自動車保険と同じように、被保険者に重大な過失があるような場合には、保険金が支払われないといった場合があるのです。例えば、飲酒をしていて泥酔状態になっている場合や薬物の乱用というように心神喪失状態になっている場合には、本人に致命的な過失があるとい...

続きを読む
火災共済の個人賠償責任特約

火災共済の個人賠償責任特約という保険商品があります。自転車の保険は、かならずしも自転車保険だけとは限らないことをご存知ですか?個人賠償責任保険や火災保険の個人賠償責任特約というように、保険商品のなかの数ある項目の中に自転車事故の補償も含まれている場合もあります。こういった保険商品も自転車の保険と言えるとおもいます。ただ、その中の、「火災共済の個人賠償責任特約」については、注意しなければならない点が...

続きを読む
自転車保険に子供は入れるの?

自転車保険に子供は入れるのでしょうか。自転車は、免許がいらないため誰でも乗ることができる車両だとおもいます。つまり、子供でもお年寄りでも、誰でも乗れるということになります。当然ですが子供やお年寄りは事故の可能性が高くなってくるとおもいます。特に、まだ身体が成長できておらず、判断力も備わっていないお子さんの倍は、事故の危険とは背中合わせだとおもいます。それでは、その子供が自転車に乗るうえで保険に加入...

続きを読む
自転車健康保険組合

自転車健康保険組合についてご紹介したいとおもいます。自転車に乗っている人がさらによい保険を選ぼうと考えた場合には、自転車保険に加入するということが一番、一般的な方法だとおもいます。その他にも健康保険組合に加入するといった方法もあります。健康保険組合というのは、保険給付事業と保険事業を行う組合のことで、主に健康保険を取り扱っています。日本には、自転車に関する健康保険組合があるのをご存知ですか?そのな...

続きを読む
自転車保険の保険料について

自転車保険の保険料についてご紹介したいと思います。自転車は、自動車や原動機付二輪車と比べてみると、事故の規模自体はかなり小さいケースのほうが多いです。そのため、一つの事故あたりの必要金額については、必然的に小額になると思います。それは保険料に関しても同じことがいえます。自転車保険の保険料は安価な価格で設定されています。自転車保険の保険料の相場は、一年間でだいたい2,000〜3,000円くらいです。...

続きを読む
ゼネラリ保険でも自転車総合保険

ゼネラリ保険でも自転車総合保険をとりあつかっています。ゼネラリ保険の自転車総合保険とは、日本国内で自転車で人をはねてしまったり、自転車に搭乗しているときにあやまって器物破損事故などを起こしてしまった場合や、転倒により自分が怪我をおってしまった場合に治療費やお見舞金などの補償がされるというものだそうです。また、歩行しているときなどに自転車に撥ねられてしまった場合にも、保険金が下りるようになっています...

続きを読む
ジャイアントの自転車盗難保険

ジャイアントは自転車の盗難保険を取り扱っています。このジャイアントは、世界でも最大の自転車メーカーです。日本の場合でみてみると自転車とあまり縁がない人にはそれほど有名ではないのかもしれません。しかし、ジャイアント・マニュファクチャリングCo. Ltd.と言えば、世界最高峰の自転車レースといわれているツールドフランスで輝かしい実績を残しています。そのためブランド力にはかなりのものがあります。そして自...

続きを読む
スポーツ安全保険について

スポーツ安全保険についてあなたはご存知でしょうか。スポーツ安全保険とは、スポーツ安全協会という団体が取り扱っている団体向けの自転車保険です。このスポーツ安全保険はA〜Dに区分されています。自転車の場合はC区分が該当することになります。このスポーツ安全保険は原則的に、5名以上で申し込まなければならないそうです。それ以下の人数では保険に加入することはできません。また、補償がされている内容は団体で行う行...

続きを読む
ブリヂストンの自転車盗難保険

ブリヂストンの自転車盗難保険というものがあるのをご存知ですか?もしかしたら知っていても不思議に思われる方も多いかもしれませんね。ブリヂストンはタイヤのメーカーとして有名ですよね。また、自転車に関しても実はかなり有名なブランドです。大人にはタイヤメーカーのイメージが強いとおもいますが、子供たちには自転車メーカーのイメージが強いと思われます。ブリヂストンは商品のラインアップが豊富なことも魅力となってい...

続きを読む
あいおい損害保険の個人賠償責任保険

あいおい損害保険株式会社とは、2001年に千代田火災海上保険株式会社と大東京火災海上保険株式会社が合併して生まれた損害保険会社です。あいおい損害保険株式会社では、個人賠償責任保険を取り扱っていて、保険期間1〜3年の三つの中から選ぶことができます。また、填補限度額により4通りのプランが用意されています。そのため12通りのプランがあるということになります。例えば、保険期間が1年で、填補限度額が5,00...

続きを読む
東京海上日動火災保険の保険内容

東京海上日動火災保険株式会社は、2004年10月1日に東京海上火災保険と日動火災海上保険の両者が合併をおこない誕生した損害保険会社です。この東京海上日動火災保険株式会社では、前は自転車の総合保険を取り扱っていました。個人型と家族型があり、契約期間も1、2、3年というように三種類が用意されていて、自由度が高くて団体割引もあり、とても加入しやすい保険でした。しかし、現在では廃止されています。その代わり...

続きを読む
自転車総合保険取り扱いのゼネラリ保険

ゼネラリ保険も自転車総合保険を取り扱っている会社の一つなのですが、ゼネラリ保険の自転車総合保険は、日本国内において、自転車で人をはねてしまったり、自転車に搭乗している最中に誤って器物破損事故を起こしてしまった場合、また転倒してしまったことによって自分が怪我をしてしまった場合などにも治療費やお見舞金などの補償がされるというものです。また、歩行している途中で自転車に撥ねられてしまった場合にも、保険金が...

続きを読む
原動機付き自転車の保険料

原動機付き自転車の場合は、保険に加入する義務があります。その義務に相当する保険というものが自賠責保険です。それでは、自賠責保険にはどれくらいの保険料がかかるのでしょうか。それは原動機付き自転車のサイズによっても異なります。しかし、基本的には、契約期間が1年の場合だと7,940円、2年で10,630円、3年で12,650円、4年で15,100円、5年で17,510円となっています。だいたい軽自動車の...

続きを読む
原動機付自転車と自転車の違い

原動機付自転車と自転車には、大きな違いがあります。どのような違いなのかあなたはご存知でしょうか。それはエンジンが付いているか、付いていいないかということでもわかると思いますが、実は、保険加入義務があるか、ないかという点も違いとしてあげられます。原動機付き自転車は自動車と同じように自賠責保険に加入する義務があるからです。しかし、自転車にはその義務はありません。あなたはご存知でしたか?しかし、ここで一...

続きを読む
自転車の盗難保険について

自転車の盗難保険についてご紹介します。自転車を毎日のように利用するにあたって一番損害の可能性が高いのは、実は事故ではないのです。それは盗難です。自動車とは違って自転車の場合は鍵を掛けずに放置する人もいます。また、自転車の場合は軽量なのでたとえ鍵を掛けていたとしてもいとも簡単に持ち去られてしまいます。そのため、盗難被害の数は自動車の比ではないでしょう。自転車の保険において、盗難保険の需要というのはか...

続きを読む
自転車の盗難補償

自転車メーカーも色々とありますよね。その中には盗難補償があるメーカーもあります。けれども、全額が補償されるわけではありません。メーカーの盗難補償は購入代金の何割かです。そして新たに購入できるという補償が一般的だとされています。また途中からは加入することができなかったり、購入から暫く経ってしまうと保険が消えてしまうこともあります。そして自転車のパーツ単体の破損については対応することができなかったりし...

続きを読む
子供の自転車保険の必要性

子供が自転車に乗る場合には、接触事故を起こしていまうこともあるかもしれません。そういった可能性はかなり高いと言えるとおもいます。子供は、まだ視野が狭くて注意力や判断力も乏しいとおもいます。そして、身体的な能力も未発達ということから事故を回避する能力が備わっていないからです。自転車で子供の頃に危ない経験をしたことが、1度くらいはあるのでは?子供の自転車事故について考えてみたいと思います。子供が自転車...

続きを読む
自転車健康保険組合について

自転車健康保険組合についてご紹介したと思います。自転車に乗っている人がよい保険を選ぼうとしたら、自転車保険に加入することが一般的な方法かと思います。その他にも健康保険組合に加入するという方法もあります。健康保険組合というのは、保険給付事業と保険事業を行っている組合のことで主に健康保険を扱います。日本には、自転車に関する健康保険組合があります。有名なところでいえば大阪自転車健康保険組合です。大阪自転...

続きを読む
高校生におすすめしたい自転車保険

高校生におすすめしたい自転車保険についてご紹介したいと思います。自転車の事故は、一般的にいうと子供や高齢者方に多く起こると言われています。それは、判断力が乏しかったり、注意力が散漫であったり身体的にも強いとはいえない子供や、筋力が衰えてしまっても昔のように動けるとおもっている老人などに多く自転車事故が起こるためです。老人などは、後ろなどを気にしないで車道にフラっと出てしまう頻度が高いです。そのため...

続きを読む
電動自転車とフルアシスト電動自転車の違いについて

電動自転車とフルアシスト電動自転車の違いについてご紹介したいと思います。電動自転車の購入を考えている人は、どのような自転車を購入するかという点がとても大きな問題だと思います。電動自転車には種類がありますし、そのタイプによって色々な違いがあります。また電動自転車は決して安い買い物ではありません。それぞれの特性を見極めてから購入したほうが良いでしょう。電動自転車には、通常のアシストタイプとフルアシスト...

続きを読む
レンタル自転車の保険について

レンタル自転車の保険についてご紹介したいと思います。よく旅行などに出かけたときに、移動手段としてレンタルの自転車を利用することがあると思います。最近では電車や路線バスなどもありますので比較的、安価で交通手段はかなりあります。しかし、自転車特有の爽やかな風を感じながら、旅先の景色を堪能したいという人も中にはいると思います。特に観光名所のある地域の駅周辺ではレンタル自転車ショップを頻繁に見かけると思い...

続きを読む
セコムの自転車保険について

セコムの自転車保険についてご紹介します。警備や防犯などのセキュリティサービスの会社としてはセコムは日本でも有名な会社ですよね。実は保険の販売も行っているのをご存知でしょうか。その目玉の一つとしては、自転車保険もありました。セコムは業界でも最初に自転車総合保険を取り扱った会社です。1974年にバイコロジー保険という名称で自転車に特化した保険を販売が始まりました。それ以降、セコムは自転車保険の第一人者...

続きを読む
三井住友火災海上の自転車保険について

三井住友火災海上の自転車保険についてご紹介します。日本でも有名な保険会社の一つに三井住友火災海上があります。こちらでは、現在自転車保険を単独では取り扱っていないようです。もともとは自転車総合保険を取り扱っていたのですが、2004年の10月から廃止してしまったようです。それでは、三井住友火災海上では自転車の保険には入れないのかといえば必ずしもそうではないのです。三井住友火災海上の最も有名な自動車保険...

続きを読む
自転車保険の損保ジャパン

損保ジャパンの自転車保険についてご紹介します。損保ジャパンはかつてあった日産火災海上保険と安田火災海上保険が合併し、作られた保険会社です。そして損保ジャパンにも自転車保険はあります。損保ジャパンの自転車保険はそのまま自転車総合保険という名称なのでわかりやすいでしょう。基本的には家族型ということになります。一人が加入すれば、自分とその配偶者、同居の親族、別居の未婚の子供なども被保険者という事になりま...

続きを読む
自転車保険とあいおい損保

あいおい損保にも自転車の保険はあるのでしょうか。最近ではあいおい損保という名前も浸透してきましたがあいおい損害保険株式会社は、2001年に千代田火災海上保険株式会社と大東京火災海上保険株式会社が合併して誕生した損害保険会社のことです。あいおい損害保険株式会社では、個人賠償責任保険という保険を取り扱っています。あいおい損保の個人賠償責任保険に加入するこtによって、自転車にのっていて事故をおこしてしま...

続きを読む
自転車保険について

自動車を運転する時には保険が必要となります。保険に加入しなくてはいけないという事は、よくご存知だと思います。自動車保険に関しては自動車を購入する時点で加入を求められます。そして、自動車とは無縁な人でも、事故の危険性を知っている限り保険の存在は当たり前だともいえるでしょう。それでは自転車に関してはどうでしょうか?自転車に乗る人は全国に大勢いますが、その中で自転車保険の存在について考えた事のある方はほ...

続きを読む