東京海上日動で自転車保険にあたる保険

東京海上日動で自転車保険にあたる保険

最近の東京海上日動で自転車保険にあたる保険は、生損保一体型保険(超保険)となっています。この正損保一体型の保険は今ある商品単位の保険とは違ってユーザーに必要な保障(補償)を1つにまとめたものとなっています。そのため、この生損保一体型保険では自動車や住まいや家財、携行品の損害mケガや病気などに関する補償を1つにまとめてカバーしており最大の特徴といえるでしょう。その中でも自転車による事故なども補償されているという特長もあります。

 

東京海上日動の超保険における、自転車に関する補償については自転車で他人にケガをさせてしまった場合は日常賠償責任となります。そしてレンタル自転車が盗まれた場合には受託賠償責任となり、サポートをおこなっっています。要するに日常生活での様々な賠償事故に対する補償をおこなっていることがわかります。

 

そしてこの生損保一体型保険では、いままでは自動車保険で行われていた示談交渉サービスもおこなわれおり日常生活の賠償事故でも補償されているということがポイントです。これで万が一事故をおこしたときのわずらわしい交渉は、原則として東京海上日動が代理でおこなうことになっています。

 

ここ数年では自転車と人による事故が増えており中には、自転車と高齢者の自転車事故によって高齢者が死亡してしまうという事故も発生しているようです。また警察署などでも近隣の小学校などで自転車講習などを実施するケースが増えているようです。自転車と人、もしくは自転車と自動車の事故の場合、交通量の多い朝の通勤時間や夕方の帰宅時間に集中しているそうです。