自転車保険の検証

自転車保険の検証

最近では自転車による事故が多発しているみたいですね。警察庁の統計によると自転車が関係している交通事故が増加する傾向にあって自転車を乗用しているときの死傷者数は平成17年度の場合、18万5532人で(1.34倍)、自転車と歩行者の交通事故は平成17年で2256件(4.58倍)となったそうです。自転車事故による死亡事故も実は他人事ではなくなってきているのです。

 

自転車事故ときくと自動車との交通事故を考えてしまいがちですよね。でも、それだけでなくて特に自転車と歩行者に対する事故についても見逃せないのです。ほかにも自転車に関係する取締りが厳しくなっているようです。信号無視や一時不停止、無灯火、酒酔い運転などをおこなっている人もいるため悪質や危険な違反については積極的に検挙したり適正な処分がなされることになっています。このようなことを踏まえて自転車事故と自転車保険についてきちんと考えてみたほうがよいかもしれませんね。

 

なぜ自転車による事故が問題になっているのでしょうか?自転車が関係する事故が問題になっている背景はいくつかあるとおもいます。たとえばクルマのような免許制度がないことや子供からお年寄りまでさまざまな年齢層の人が乗るということ、自転車事故に対する危機意識の薄さなどです。

 

やはり自転車事故による危機意識の薄さは一番問題ですよね。携帯電話を見ながら自転車にのっていたりヘッドホンで音楽聴きながら自転車に乗っている人もとても多いとおもいます。個人個人がきちんと自覚して危険な運転をしないようにすればいいのでしょうが、現実にはなかなかそうもいかないようですよね。