自転車保険の重要性

自転車保険の重要性

自転車を愛用しているかたもおおいと思います。そして自転車に乗るだけだからわざわざ自転車保険に入らなくてもいいのではと思っているかたもいるかもしれません。けれども万が一、事故などにあってしまったときには保険の存在が大きいものとなってきます。自転車保険というものがありますが、自転車保険は盗難や事故などの補償をカバーしてくれるといった保険なのです。

 

たとえば自転車で走行しているときに一時停止をしている車に衝突してしまったキズをつけてしまったなんてこともありますよね。そのような場合には車のキズをなおすための金額を相手方に支払わなければならなくなってしまいますよね。自転車保険に加入していれば19万ほど保険から給付されることもあります。ほかにも自転車で走行しているときにわき見をしていて横断歩道をわたっている歩行者のかたに怪我をさせてしまうなんてこともありますよね。そのようなときも87万円ほど保険額が支払われることもあるのです。

 

身の回りでおきそうな事故はほかにもありますよ。たとえば夜に自転車で走行中に老人と接触してしまい運がわるく脂肪させてしまったり、自転車で走行しているときに対向車の自転車と接触してしまい相手に骨折を負わせてしまった。自転車で走行しているときに歩行者と接触してしまった。自転車を走行しているときにものをよけようとして停車している車に接触してしまったなどです。相手がたとえば自動車であったとしても自転車にのっている人の過失責任が大きいような場合もありますので気をつけたいですよね。