自転車保険の対象とは

自転車保険の対象とは

自転車に通勤や通学、買い物などで毎日乗っているという人はたくさんいますよね。でも自転車にも保険がある、という事を知っている人はあまり多くはないかもしれませんね。自転車と保険の関係ですが自動車と保険のように密接な関係のイメージがないですし自転車保険に加入する義務もありません。どうしても知識として頭に入ってくる機会がないためそれは仕方がないことかも知れません。

 

けれども最近では自転車に関する事故が増えてきていることや電動自転車やロードバイクなどに人気がでてきていることから自転車保険が見直されています。自転車保険ですが原則的には自転車の保険の加入というのは強制ではないようです。自動車の場合は自賠責保険に加入する義務があるのですが自転車にはそういった保険はありません。そのため加入する保険は全て任意という事になります。

 

その中で、加入できる保険は傷害保険と個人賠償責任保険なのですが傷害保険は自分の怪我に対する補償のことで個人賠償責任保険は怪我を負わせたり損害を与えた相手に対する補償のことです。自動車保険でいう車両保険のような、自転車が事故によって故障したような場合の保険はあまり扱われていません。自転車は高価な物もありますが、出回っている自転車の多くは安価なことが背景です。1万円を切るような値段の物が多くあるためその車両にわざわざ保険を掛ける意味があまりないからです。また、自転車の場合盗難なども頻繁にあるため保険としての旨みがあまり機能しないということも理由の一つなのでしょう。