自転車保険の必要性

自転車保険の必要性

バイク保険は、自動車保険と比べてみると案外、普及が進んでいないようですね。それを下回る普及率な保険といえば、そうです。自転車保険なのです。自転車事故によって亡くなっている人もいますので、もっと自転車保険の必要性を認識しないといけません。自転車保険は、自転車での事故の際に必要となる保険なのですが、自転車での事故に保険をかけるのは大げさだという人もいるかもしれませんよね。

 

けれども自転車の事故も用途によっては色々なものがあるということなのです。それは、ロードバイクの場合だとスピードが重視となっている仕組みなので事故の規模もバイク並みになりかねないのです。ヘルメット装着の普及も十分でないので、大怪我になる恐れもあります。自転車事故も車に追突された場合や原因が自分以外の場合に起こることもありえるので自転車保険も必要と言えるのではないでしょうか?

 

自転車保険について説明しますと自転車事故の際に自分が負傷した時に補償してくれる「傷害保険」があります。ほかにも自転車事故の際に相手に被害を与えてしまった場合に補償してくれる「賠償責任保険」の2種類があります。保険料も自動車保険に比べてみると安いので保険金も安くなってしまいますが、未加入であるよりも万が一の時に補償を受けることが出来るということなのです。