自転車と原動機つき自転車の違い

自転車と原動機つき自転車の違い

自転車と原動付自転車の違いですが、どのようなものがあるのかご存知ですか?原動機付き自転車と自転車には、大きな違いがあります。それは、保険加入義務の有無ということです。原動機付き自転車は自動車同様、自賠責保険に加入する義務があるのですが、自転車にはその義務というものはありません。たとえば電動自転車の購入を検討している人は、疑問に思う事があるかもしれません。それは電動自転車の場合は、果たしてどちらの部類に入るのかということです。

 

電動自転車には、大きく分けて二つの種類があり、一つは通常タイプの電動アシスト自転車です。もう一つのタイプはフルアシストタイプの電動自転車です。通常の電動自転車の場合は、法律上自転車としてみなされています。そのため保険加入の義務は生じません。

 

しかし、フルアシストタイプの電動自転車はどうなってくるのでしょうか?法律上、自走機能があって人力より強い動力で動く乗り物の場合は原動機付きとしてみなされます。そのため自賠責保険の加入義務が生まれます。通常の電動自転車は電力が人力を超えないよう設定されているため原動機付とはみなされないということです。