自転車の保険と原動機付自転車の保険

自転車の保険と原動機付自転車の保険

原動機付き自転車の場合は、原則として保険に加入しなければなりませんが加入義務のある保険は、自賠責保険となっています。この自賠責保険とは、正式名称を自動車損害賠償責任保険とよばれており自動車保険の一種です。自賠責保険は損害保険で、交通事故が発生した場合に被害者に対しての入院費や弁償費、慰謝料などの支払いに対する補償を行うことができます。つまり、自分の損害ではなくて相手の損害に対しての保険となっています。この保険に加入することは原動機付き自転車を運転するためには必須条件となっています。それでは、自転車の保険には自賠責保険はあるのでしょうか?

 

自転車の保険には実は自賠責保険はありません。というのも、先述の通り、自賠責保険は自動車保険なので自転車は法律上自動車とはみなされていないため自動車保険に加入する事はできません。そすると自転車の保険には損害を与えた相手に対して補償する保険はないのかという事になってしまいますが、実際にはきちんとあります。個人賠償責任保険がこれに相当しており自転車保険に加入をおこなうと自動的にこの個人賠償責任保険に加入する事になっています。もちろん、義務ではありませんので加入しなくても運転することはできます。

 

電動自転車においても、原動機付き自転車と同じような扱いであるフルアシストタイプではない限り、保険加入の義務はありません。けれども電動自転車はかなりスピードを出すことができるので保険に加入したほうがよいと思います。その時の事故の状況によっては、かなり大きな事故になってしまう可能性があるからです。事故を起こしてしまい保険に入っていないとなると、自分の財産では支払えないほどの額を請求される場合もあります。電動自転車を運転するのであれば例え義務ではなくても、自転車保険に加入したほうがよいでしょう。