自転車保険その中身とは?

自転車保険その中身とは?

自転車保険の場合、大きく分けると傷害保険と個人賠償責任保険があります。傷害保険は自分が負傷したときなどに利用できます。個人賠償責任保険は相手に被害を与えた場合に補償するための保険になります。このような保険は、基本的にはセットになっています。事故にあうと自分も怪我を負う可能性もありますし、それと同時に相手にも怪我をさせたり損害を与えたりする可能性も高いため個別での加入というのはまずは考えられないようです。当然としてセット加入となるわけです。

 

自転車保険の内容ですが、どのような事故であってもも保険金がおりるということではありません。例えば自転車に乗っていなくて押している状態で誤ってぶつかった場合には保険金が下りないです。そういった点にも注意したほうがよいでしょう。実際に中高年の方にぶつかった場合には、たとえ自転車に乗っていなくても相手がころんでしまい下手をしたら大怪我をさせてしまう事があります。

 

自転車保険は、傷害保険と個人賠償責任保険のセットなのですが、個人賠償責任保険に関しては単体で加入することが可能となっています。この場合は、自転車保険ではなく個人賠償責任保険として加入することになります。そのため補償の範囲が自転車保険より幅広くなります。また、様々な特約を付けることもできますし、その場合はかなり高額な保険金を設定することも可能です。