自転車で遭遇する事故と責任について

自転車で遭遇する事故と責任について

自転車に乗っているともいかしたら事故に遭遇することもあるかもしれません。自転車に乗っていて、交通事故を起こしてしまう可能性は決して低くはないのです。最近では自転車の事故がかなり増えて来ているそうです。これは社会的に見てもかなり深刻な問題になっているようです。特に、電動自転車などの原動機付自転車とあまり変わらない自転車の場合は、その交通事故の規模も大きくなってしまいますし、場合によっては命を落としてしまうケースもあるのです。

 

自転車の事故は、自転車と人との事故であったり自転車と自転車の間で起きるケースというのはあまり多くはないそうです。どちらかというと自転車の起こす事故の多くは、自動車との接触や衝突が多いそうです。それは電動機付自転車も同じです。人をはねる事による負傷の程度は大きくなってしまいますが、事故の件数自体は自動車との接触に関する事故のほうが最も多いようです。自転車と自動車との交通事故が起きてしまった場合には、たいてい自動車側の責任とされてしまいます。

 

自動車は相手を死に追いやる可能性が高いこともあって大きな責任を背負わされているからです。しかし、状況によっては自転車側に大きな責任が課せられる場合もあります。 例えば、飲酒運転をしているような場合です。自転車であっても、飲酒運転は法律で禁止されていますよね。この場合は、自転車の過失が大きいとみなされてしまい責任を課せられてしまうということなのです。また、夜間にライトを点等することも義務付けられているので、これを怠っていたとしても同じように過失がおおきいと判断されてしまいます。