電動自転車と自転車保険

電動自転車と自転車保険

電動自転車に乗っているかたも最近では多いのではないでしょうか。しかし、電動自転車にのっていて起こり得る事故などもあるため注意したほうがよいでしょう。たとえば自転車の保険に入るのに少し抵抗があるという人もいますよね。そういった場合、自転車を運転するときに深刻な事故を起こしてしまうことなどほとんどありえないという感覚を持っているからだとおもいます。特に頻繁に自転車に乗るというかたは、自分の運転に自信があるのであまり保険の必要性を感じていないのではないでしょうか。

 

確かに、自転車で起こす事故の場合には、そのほとんどは車との接触事故です。それは相手に対して深刻な損害を与えるものではないかもしれません。そのため自転車保険に入る必要性としては、それ程高くないという意見も一理あるとおもいます。ただ、それが電動自転車になってくると話は全く違ってくるということなのです。それでは電動自転車の事故とはどういったものなのでしょうか。

 

電動自転車は、自分の漕ぐ力をほとんど使わないでかなりのスピードを出すことができます。24km/hを超えるとアシストがなくなるため、それ以上のスピードは中々出すことができませんが、24km/hまでならかなり楽に出せるということになのです。さらにフルアシストタイプの場合には、乗っている人が全く漕がなくてもかなりのスピードを出すことができます。許可を取れば公道でも走れるため、ほとんどの場合、原付と変わらないほどです。

 

こういった電動自転車では、人を轢いてしまった場合に大怪我をさせてしまう可能性はかなり高いでしょう。特に、電動自転車はお年寄りの方が乗る場合が多いため、自分のイメージしているとおりに身体が動かないため不意に事故を起こしてしまう事は十分に考えられます。 また、自転車同士の事故も最近では実に増えているそうです。かなりスピードを出している状態で自転車同士が激突した場合には大きな事故になってしまうこともあります。こういった対人や自転車同士の事故の危険もあるとなると、やはり保険の重要性や必要性が大きくなってくるといえるでしょう。