自転車保険の保険金が下りないケース

自転車保険の保険金が下りないケース

自転車保険の保険金が下りない場合もあるとおもいます。これは自転車の保険の場合は、どのような場合にも保険金が下りるという補償はありません、ということなのです。自動車保険と同じように、被保険者に重大な過失があるような場合には、保険金が支払われないといった場合があるのです。例えば、飲酒をしていて泥酔状態になっている場合や薬物の乱用というように心神喪失状態になっている場合には、本人に致命的な過失があるという判断になりますので保険金を貰う事はできません。

 

また、保険金目的で故意に事故を起こしたと判断されることになったときには、もちろん保険金は支払われません。この他にも仕事上での事故、日本国外での事故、そして傷害などに起因する事故、また銃器による事故の場合にも保険金の対象外の事故となってしまいます。それに加えて、自動車など原動機が付いている乗り物で事故が起こったり、その結果として積んでいた自転車が壊れたなどといった場合にも、保険金対象外となってしまいます。

 

保険金が下りないケースですが、同居している親族に対して事故を起こした場合であっても保険金は下りません。これは、故意に起こした可能性を消去できないということや身内同士のモラルハザードの危険性が高くなることを憂慮しているためです。それから、他人からの預かり物などでの事故や自然災害による事故に関しても、保険金が支払われないようになっております。 自動車保険と比べてみると、自転車の保険は保険金が支払われないといった例が多いのかも知れません。