火災共済の個人賠償責任特約

火災共済の個人賠償責任特約

火災共済の個人賠償責任特約という保険商品があります。自転車の保険は、かならずしも自転車保険だけとは限らないことをご存知ですか?個人賠償責任保険や火災保険の個人賠償責任特約というように、保険商品のなかの数ある項目の中に自転車事故の補償も含まれている場合もあります。こういった保険商品も自転車の保険と言えるとおもいます。ただ、その中の、「火災共済の個人賠償責任特約」については、注意しなければならない点があります。

 

火災共済には、火災保険同様個人賠償責任特約というものがありますが、その中には、自転車の事故を補償する項目もあります。けれども、火災共済の個人賠償責任特約の場合は、本来広い範囲をフォローできるはずの個人賠償が機能しないのです。きちんと約款に記載されているにもかかわらず、保険金が下りなかったという場合も何度かあったようです。これは、火災共済に監督官庁が存在していないことが原因といわれています。前例としてそういったケースが生まれているため今後も同じようなことで保険金が下りない可能性があると思います。

 

個人賠償責任特約というのはとても便利な保険商品だとおもいます。ついでにというような言葉だと適切ではないかもしれませんが、火災保険などの必要な保険の中の一つとして、自転車事故に関する補填を組み込めることは、はじめから単体で自転車の保険に入るよりもずっと入りやすいとおもいます。そして自転車以外の様々な損害に対して補償が利くということもメリットが大きいとおもいます。しかし、中には必ずしも保険金が下りるとは限らない保険もありますのでそういったことはしっかりと頭に入れておきたいものです。どういったケースだと保険金が下りなかったかを調べておき、どのような形態の保険に加入するかを決めるといった慎重さが必要になると思います。