自転車保険に子供は入れるの?

自転車保険に子供は入れるの?

自転車保険に子供は入れるのでしょうか。自転車は、免許がいらないため誰でも乗ることができる車両だとおもいます。つまり、子供でもお年寄りでも、誰でも乗れるということになります。当然ですが子供やお年寄りは事故の可能性が高くなってくるとおもいます。特に、まだ身体が成長できておらず、判断力も備わっていないお子さんの倍は、事故の危険とは背中合わせだとおもいます。それでは、その子供が自転車に乗るうえで保険に加入することは可能なのでしょうか。

 

保険の加入ときけばも大人になってから入るものだというイメージがどうしてもあるとおもいます。そのため、子供はどれだけ危険がちかくにあっても保険には入れないんじゃないか、という不安の声が挙がってくるとおもいます。でも安心して下さい。自転車保険には子供でも加入することができます。自転車保険は「自転車」を対象としているため、その使用者に年齢制限がないうえ保険にも年齢制限はないということなのです。値段も年間で2千円か3千円くらいなので手軽に入る事ができます。

 

また、自転車保険以外でも、交通傷害保険や家族傷害保険などへの加入をおこなうことができます。たとえば傷害保険に賠償責任特約をつけておけば、万が一子供が事故を起こしたような場合には、本人の治療費も相手にたいする治療費も補填する事ができるとおもいます。そのぶん保険料は高くなってしまうともいますが、子供の場合はどうしても自己制御ができないので、いざというときのことを考えておいたほうがよいでしょう。保険には入っておいてもおそらく損はないとおもいます。