自転車保険の保険料について

自転車保険の保険料について

自転車保険の保険料についてご紹介したいと思います。自転車は、自動車や原動機付二輪車と比べてみると、事故の規模自体はかなり小さいケースのほうが多いです。そのため、一つの事故あたりの必要金額については、必然的に小額になると思います。それは保険料に関しても同じことがいえます。自転車保険の保険料は安価な価格で設定されています。

 

自転車保険の保険料の相場は、一年間でだいたい2,000〜3,000円くらいです。家族で加入しても、せいぜいこの倍くらいの金額だと思います。それから2年、3年というように契約年数が増えれば、一年分の契約料は更に安くなるということになります。だいたい2%から30%はお得になります。こういった点からみても自転車保険の保険料はかなり安い、ということがわかります。

 

それでは、支払われる保険金額についてもかなり控えめなのだろうか、という疑問がでてくると思います。しかし、実はそうではありません。もちろん、保険会社や加入しているプランに応じて保険料も支払保険金額も変わってきます。だいたい相場では、上記くらいの保険料であれば、通院で1,000〜2,000円/日、入院で1,500〜3,000円/日となります。

 

そして、後遺障害が残るような重傷や死亡した場合は500万〜3000万くらいは支払われることになります。この金額は、自動車保険と比べてみると控えめではあります。けっして小額ではないと思います。保険料の負担を考慮した場合には、十分な金額だと言えるのではないでしょうか。もしも、これよりもさらに高額な保険金額を必要だと思っている場合には特約付きの傷害保険があ勧めです。