ゼネラリ保険でも自転車総合保険

ゼネラリ保険でも自転車総合保険

ゼネラリ保険でも自転車総合保険をとりあつかっています。ゼネラリ保険の自転車総合保険とは、日本国内で自転車で人をはねてしまったり、自転車に搭乗しているときにあやまって器物破損事故などを起こしてしまった場合や、転倒により自分が怪我をおってしまった場合に治療費やお見舞金などの補償がされるというものだそうです。また、歩行しているときなどに自転車に撥ねられてしまった場合にも、保険金が下りるようになっています。

 

ゼネラリ保険の自転車総合保険はタイプも家族型と個人型がそれぞれ保険料に応じて5タイプずつあり、いずれも3年契約です。個人型は3,360円〜18,050円で、家族型の場合は6,790円〜41,790円を一括で支払うことになっています。支払われる保険金についてですが、死亡保険金(500万円〜1億円)で後遺障害保険金(500万円〜1億円)です。また入院保険金(1,500円/日〜5,000円/日)で通院保険金(1,000円/日〜3,000円/日)、そして賠償責任(1000万円〜1億円)となっています。

 

ゼネラリの自転車総合保険は自転車保険の中でみるとは、かなり支払われる額が高い部類に入るとおもいます。ただ、故意による怪我や自然災害、戦争、心神喪失中の事故による負傷というような事例の場合は、保険金が支払われない例もいくつかあります。きちんと前もって確認しておいたほがよいでしょう。そしてゼネラリ保険の自転車保険の特徴は、ある程度の補償範囲が広いでs。そしてしっかりとした額の保険金が支払われるところです。