自転車総合保険取り扱いのゼネラリ保険

自転車総合保険取り扱いのゼネラリ保険

ゼネラリ保険も自転車総合保険を取り扱っている会社の一つなのですが、ゼネラリ保険の自転車総合保険は、日本国内において、自転車で人をはねてしまったり、自転車に搭乗している最中に誤って器物破損事故を起こしてしまった場合、また転倒してしまったことによって自分が怪我をしてしまった場合などにも治療費やお見舞金などの補償がされるというものです。

 

また、歩行している途中で自転車に撥ねられてしまった場合にも、保険金が下りるようになっています。そのためかなり便利だと思います。タイプも家族型と個人型があり、それぞれ保険料に応じて5つのタイプずつあります。いずれも3年契約となっていて個人型の場合は、3,360円〜18,050円で家族型の場合は、6,790円〜41,790円を一括で支払うことになっています。

 

支払われる保険金については、死亡保険金が(500万円〜1億円)、後遺障害保険金が(500万円〜1億円)、入院保険金が(1,500円/日〜5,000円/日)、通院保険金が(1,000円/日〜3,000円/日)、賠償責任が(1000万円〜1億円)となっています。ゼネラリ保険は自転車保険の中では、かなり支払われる額が高い部類に入る保険だと思われます。