原動機付き自転車の保険料

原動機付き自転車の保険料

原動機付き自転車の場合は、保険に加入する義務があります。その義務に相当する保険というものが自賠責保険です。それでは、自賠責保険にはどれくらいの保険料がかかるのでしょうか。それは原動機付き自転車のサイズによっても異なります。しかし、基本的には、契約期間が1年の場合だと7,940円、2年で10,630円、3年で12,650円、4年で15,100円、5年で17,510円となっています。

 

だいたい軽自動車の1/2くらい、そして普通自動車の1/3くらいと考えておけば良いかと思います。それでもやはり結構な金額が掛かってしまうと思います。もしも、任意保険に加入した場合は、更にその分の保険料が必要となると思います。当然のことですが、任意保険は会社や選択するプランによって保険料は大きく異なると思います。

 

対人賠償や対物賠償、搭乗者傷害、各特約、最大支払金額、支払期間というように自賠責保険と比べてみるとかなり補償が広がる分、保険料については、かなり高くなってしまいます。これに対して、自転車の保険料は幾らくらいかかるのかというと、たいだい自転車総合保険の相場が年間2〜3,000円くらいです。原動機付き自転車と比べてみるとかなり安価であることがわかるのではないでしょうか。

 

個人賠償責任保険もほぼ同じくらいの金額となっていますので、個人賠償責任保険単体での加入を考えている場合でも、負担が増えることはほとんどないといえるでしょう。電動自転車など、通常の自転車と比べてみると事故の確率が高い自転車については、保険に加入する希望者もかなり多いようです。原付と比べてみるとかなり保険料が安いこともあって気軽に加入しやすいということが加入者を増やす要因となっているみたいです。