原動機付自転車と自転車の違い

原動機付自転車と自転車の違い

原動機付自転車と自転車には、大きな違いがあります。どのような違いなのかあなたはご存知でしょうか。それはエンジンが付いているか、付いていいないかということでもわかると思いますが、実は、保険加入義務があるか、ないかという点も違いとしてあげられます。原動機付き自転車は自動車と同じように自賠責保険に加入する義務があるからです。

 

しかし、自転車にはその義務はありません。あなたはご存知でしたか?しかし、ここで一つ疑問が浮かぶと思います。電動自転車は、いったいどちらに区分されるでしょうか?という疑問です。電動自転車には、2つのタイプがあります。1つは、一般的な電動アシスト自転車と呼ばれるバッテリーとモーターの力によってペダルを踏む時に補助してくれる自転車の場合です。この場合は、法律上自転車としてみなされるので、保険加入の義務はありません。

 

もう1つは、フルアシストタイプの電動自転車です。こちらは、ペダルを漕がなくてもオート走行ができるため人力より強い動力で動く乗り物ということで法律上原動機付きとみなされます。そのため、フルアシスト電動自転車は、自賠責保険へ加入する義務があるとされています。通常どおり電動自転車は電力が人力を超えないよう設定されているため原動機付とはみなされないです。

 

しかし、フルアシスト電動自転車で公道を走るためには、保険を加入するだけでなくて免許の所持や公道を走る許可(ナンバー取得など)が必要となります。電動自転車の購入を検討されている方は、その自転車がフルアシストなのか、そうではないのかをきちんと確認しておきましょう。通常の自転車と同じような感覚で乗りたい人は、フルアシストタイプではなく通常の電動自転車を購入したほうが良いでしょう。