自転車の盗難保険について

自転車の盗難保険について

自転車の盗難保険についてご紹介します。自転車を毎日のように利用するにあたって一番損害の可能性が高いのは、実は事故ではないのです。それは盗難です。自動車とは違って自転車の場合は鍵を掛けずに放置する人もいます。また、自転車の場合は軽量なのでたとえ鍵を掛けていたとしてもいとも簡単に持ち去られてしまいます。そのため、盗難被害の数は自動車の比ではないでしょう。

 

自転車の保険において、盗難保険の需要というのはかなり高いそうです。ただ、そのわりには、自転車の盗難保険の内容はあまり充実していないということが現状です。あまりにも盗難件数が多いので保険会社が運用しきれないというのが最大の理由だとされています。 メーカーによっては、盗難補償があるところもあります。しかし、全て補填される訳ではありません。

 

購入した代金の〜%で新たに購入ができる、といったタイプの補償が一般的なようです。そして途中からは加入することができなかったり、購入から暫く経ってしまうと保険が消えてしまっていることもあります。また、パーツ単体での破損には対応できいこともあります。残念なことに自転車のメーカ盗難補償はあまり融通の利くものではないというのが現状です。

 

そこで、利用したい保険が火災保険の盗難補償です。火災保険には、家財の盗難補償が付いています。これは自転車の盗難補償も含まれることがあります。火災保険は、住宅を購入している人は強制的に加入しなければならない保険です。マイホームを持っている家庭では必然的に自転車の盗難に対する補償もついているということになるでしょう。もしも、自転車の盗難被害にあってしまったときには、自分や家族が加入している保険を見直してみてみましょう。自転車盗難の補償ができるかどうかをきちんと調べておいたほうが良いでしょう。