自転車の盗難補償

自転車の盗難補償

自転車メーカーも色々とありますよね。その中には盗難補償があるメーカーもあります。けれども、全額が補償されるわけではありません。メーカーの盗難補償は購入代金の何割かです。そして新たに購入できるという補償が一般的だとされています。また途中からは加入することができなかったり、購入から暫く経ってしまうと保険が消えてしまうこともあります。

 

そして自転車のパーツ単体の破損については対応することができなかったりします。このように、メーカーの自転車盗難補償はあまり融通の利くものではないというのが現状です。そこで、利用したい補償が火災保険の盗難補償です。火災保険には、家財の盗難補償が付いています。これは自転車の盗難補償も含まれることががあります。

 

火災保険は、住宅を購入している人の場合は、強制的に加入しなければならない保険です。そのため、マイホームを持っている家庭では必然的に自転車の盗難に対する補償もついている、という事にな
ります。もしも、自転車の盗難被害にあってしまった場合には、自分や家族の加入している保険を見直してみてみましょう。そして、自転車盗難の補償ができるかどうか調べてみましょう。もしも、自転車の盗難にも対応しているのであれば加入してみると良いでしょう。