子供の自転車保険の必要性

子供の自転車保険の必要性

子供が自転車に乗る場合には、接触事故を起こしていまうこともあるかもしれません。そういった可能性はかなり高いと言えるとおもいます。子供は、まだ視野が狭くて注意力や判断力も乏しいとおもいます。そして、身体的な能力も未発達ということから事故を回避する能力が備わっていないからです。

 

自転車で子供の頃に危ない経験をしたことが、1度くらいはあるのでは?子供の自転車事故について考えてみたいと思います。子供が自転車に乗って起こす事故のなかで最も多いのは、やはり自動車との接触でしょう。それ以外にも、駐車中の車に衝突してしまって傷を付けてしまうなんて事も多くあるかと思います。

 

特にミラーに接触するとった事故がかなり多いようです。また、スピードを出しすぎてしまい通行人とぶつかってしまって怪我をさせてしまうということも良くあるケースです。特に坂道では、子供はハイテンションになりやすくて、本来はブレーキを踏むべきところで踏まないで、その勢いを制御できずに人とぶつかったり転倒したりすることが多いと思います。

 

その他にも、縁石などの障害物が原因となり転倒してしまって、負傷するという事例もあります。転倒する際、メガネやコンタクトをしている子供はかなり危険だといえます。最悪の場合には目に傷を負ってしまう事もあります。 子供たちを守るのが、私たち親の役目だとおもいます。ただ、どうしても子供は親の目の届かないところで問題を起こすものだとおもいます。

 

常に監視している訳にもいきません。そういった場合には保険をかけておいて、治療や迷惑など、事後処理に関しては親が責任を全て受け持つということが、せめてもの行いだと思います。そして、親として当然の責任かと思います。子供を自転車保険、または特約付きの傷害保険に加入しておきましょう。