三井住友火災海上の自転車保険について

三井住友火災海上の自転車保険について

三井住友火災海上の自転車保険についてご紹介します。日本でも有名な保険会社の一つに三井住友火災海上があります。こちらでは、現在自転車保険を単独では取り扱っていないようです。もともとは自転車総合保険を取り扱っていたのですが、2004年の10月から廃止してしまったようです。それでは、三井住友火災海上では自転車の保険には入れないのかといえば必ずしもそうではないのです。

 

三井住友火災海上の最も有名な自動車保険「MOST」があります。このMOSTには自転車に関する事故の補償がなされているのです。 三井住友火災海上の保険で自動車保険「MOST」の家庭用の人身傷害保険のスタンダードタイプに加入すれば自動車事故だけではなく、自転車登場中の事故に関してもきちんとフォローしてくれます。家庭用の内容なので、子供の自転車事故が心配だという親御さんにとっては、心強い保険になるでしょう。

 

そして保険料は、運転者と車の使い方によって決定されますので一律ではありません。例えば、契約者または同居している家族の中で最も若い人間の年齢が対象となって、その年齢によって保険料が変動していきます。また、子供が運転するような場合は、運転者の年令条件とは別に子供特約によって年令条件を設定することできます。

 

その他にも、免許証の色によっても保険料が変わってきます。ゴールドの場合は12%の割引が利くというように事故や違反が少ない人には有利な条件となっています。また、車を業務で使っているのか、通勤や通学などで使用するのか、あるいは日常やレジャーで使うのかというように用途によっても若干変わってきます。具体的な保険料は個人個人で変わってきますので、もしも契約したい方は見積もりを請求してみましょう。三井住友火災海上のホームページから手軽に請求することができます。