自転車保険について

自転車保険について

自動車を運転する時には保険が必要となります。保険に加入しなくてはいけないという事は、よくご存知だと思います。自動車保険に関しては自動車を購入する時点で加入を求められます。そして、自動車とは無縁な人でも、事故の危険性を知っている限り保険の存在は当たり前だともいえるでしょう。それでは自転車に関してはどうでしょうか?自転車に乗る人は全国に大勢いますが、その中で自転車保険の存在について考えた事のある方はほとんどいないのではないでしょうか。

 

それは自転車を購入するときには保険に関して言及される事がないからです。この時点で、自転車と保険は全く関係がない判断してしまうのも無理はないかもしれません。しかし、それは間違いなのです。自転車にも保険はあるのです。それも自動車保険とあまり変わらない、きちんとした保険なのです。それではどうして保険を勧められないかというと、義務ではないからでしょう。

 

そして、ただ単に加入者が少ないからです。自転車は自動車と異なり、相手に対して大怪我をさせたり、とても高額な弁償金を支払うという可能性がほとんどないといえます。保険は自分が怪我した場合よりも、怪我をさせたり損害を与えた場合を想定して加入することが多いため、自転車保険にはあまり意義を見出せない、という人が多くて結果的に加入を進める動きもない、というのが現状なのです。