自転車保険に加入する前にについて

 自転車にも保険があるということをご存知でしたか?また、自転車保険の対象や中身、保険料について知っていますか?自転車は身近な移動手段です。車だけでなく、自転車に乗っていても事故に遭う可能性は十分にあります。また、その軽さのため、盗難に遭う可能性はさらに高くなります。ここでは、自転車保険の基礎知識や、損保ジャパン、三井住友火災海上、あいおい損保、ゼネラリ等が扱っている自転車保険について比較紹介しています。自転車に乗る機会の多い方、これを機に検討してみてはいかがですか?

自転車保険に加入する前に 新着情報

自動車を運転する時には保険が必要となります。保険に加入しなくてはいけないという事は、よくご存知だと思います。自動車保険に関しては自動車を購入する時点で加入を求められます。そして、自動車とは無縁な人でも、事故の危険性を知っている限り保険の存在は当たり前だともいえるでしょう。それでは自転車に関してはどうでしょうか?自転車に乗る人は全国に大勢いますが、その中で自転車保険の存在について考えた事のある方はほとんどいないのではないでしょうか。

それは自転車を購入するときには保険に関して言及される事がないからです。この時点で、自転車と保険は全く関係がない判断してしまうのも無理はないかもしれません。しかし、それは間違いなのです。自転車にも保険はあるのです。それも自動車保険とあまり変わらない、きちんとした保険なのです。それではどうして保険を勧められないかというと、義務ではないからでしょう。

そして、ただ単に加入者が少ないからです。自転車は自動車と異なり、相手に対して大怪我をさせたり、とても高額な弁償金を支払うという可能性がほとんどないといえます。保険は自分が怪我した場合よりも、怪我をさせたり損害を与えた場合を想定して加入することが多いため、自転車保険にはあまり意義を見出せない、という人が多くて結果的に加入を進める動きもない、というのが現状なのです。

あいおい損保にも自転車の保険はあるのでしょうか。最近ではあいおい損保という名前も浸透してきましたがあいおい損害保険株式会社は、2001年に千代田火災海上保険株式会社と大東京火災海上保険株式会社が合併して誕生した損害保険会社のことです。あいおい損害保険株式会社では、個人賠償責任保険という保険を取り扱っています。

あいおい損保の個人賠償責任保険に加入するこtによって、自転車にのっていて事故をおこしてしまい相手にたいして損害を与えてしまったた場合に、その賠償責任を補填することが可能です。もしも仮に自転車を運転していてスピードを出している状態でお年寄りの方とぶつかってしまうなどの事故を起こしたとします。

そして、相手に大きな怪我をさせてしまったり、最悪の場合、命に関わるようなことに発展してしまう可能性もないとはけっして言いきれませんので、ある程度の頻度で自転車に乗る人は賠償責任保険は充実させておいたほうがよいでしょう。特に、電動自転車に乗る場合には自己制御ができなくてにぶつかってしまうという事例がよく見受けられます。相手に対する補償は持っておいたほうがよいでしょう。

損保ジャパンの自転車保険についてご紹介します。損保ジャパンはかつてあった日産火災海上保険と安田火災海上保険が合併し、作られた保険会社です。そして損保ジャパンにも自転車保険はあります。損保ジャパンの自転車保険はそのまま自転車総合保険という名称なのでわかりやすいでしょう。基本的には家族型ということになります。

一人が加入すれば、自分とその配偶者、同居の親族、別居の未婚の子供なども被保険者という事になります。自転車総合保険になりますので、傷害保険と賠償責任保険の両方セットになります。傷害事故については、国内における自転車搭乗中の偶発的な事故や急激な事故、搭乗していない時に自転車から接触、そして衝突された事による事故などが保険金支払い事項に該当します。

そのため故意の事故や酒酔いなどの心神陶酔状態でおこした事故には含まれません。これは普通の自転車保険の該当例と同じです。賠償責任保険においては、搭乗中に誤って他人をはねてしまったり、他人の私財を損壊させてしまったなどの事故を起こした場合には保険金の支払いが行われることになります。

保険期間は1年と3年の2つのパターンから選択できます。保険料についてはそれぞれ3つのパターンがあります。1年型は3,480円、5,790円、8,560円の3つのタイプからなり、3年型は8,810円、14,690円、21,710円の3つのタイプからそれぞれ選択することができます。その金額に応じて、支払われる保険金のほうも異なります。